2020/6/8

サービス

壊れたおもちゃは【おもちゃの病院】で修理しませんか?

お気に入りのおもちゃほど遊ぶ回数が多いため、壊れてしまう可能性が高くなります。

壊れてしまったおもちゃは、そのまま捨ててしまうのではなく、おもちゃの病院で修理してもらうのはいかがでしょうか?

今回は、壊れたおもちゃを無料で修理してもらえる「おもちゃの病院」を紹介します。

JR奈良駅近くの保健所・教育総合センター(通称:はぐくみセンター)では、毎月第2火曜日の10時~15時(受付は14時まで)に、ボランティアのおもちゃの先生による、「おもちゃの病院」が開院されています。

特殊な部品は、材料費や部品代などが必要になることがありますが、基本的にはすべて無料で修理してもらえます。

おもちゃの病院では、遊ばなくなった不要なおもちゃの引き取りも行っており、引き取られたおもちゃは、おもちゃの修理の際のパーツなどに活用されます。

おもちゃ以外にも、絵本のリユースも充実。子どものエコ教育としてもおすすめです。

 

「はぐくみセンター」内には、キッズ学びのフロアや子育てサロンも入っており、一時預かりをお願いできるほか、プラネタリウムが楽しめたり、ものづくり体験教室や子ども向けプログラミング教室なども開講!

夏休みには、毎年さまざまなイベントが開催されており、多くの親子の姿が見られます。奈良市以外の親子も参加できものも多いため、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

【保健所・教育総合センター(はぐくみセンター)】

住所:〒630-8122   奈良県奈良市三条本町13-1

(おもちゃの病院の問い合わせは、はぐくみセンター内「ボランティアインフォメーションセンター」へ)

電話:0742-93-8435 

FAX:0742-34-2336

駐車場あり:116台(センター利用の場合3時間以内 無料)

 

single