2021/2/27

自然

桜も良いけど梅も良いよ‼奈良の三大梅林に行ってみよう‼[賀名生梅林]

今回は、五條市にある「賀名生梅林」をご紹介します。

奈良市「月ヶ瀬梅林」、吉野郡下市町「広橋梅林」と並び、奈良県の三大梅林といわれています。

約30haの梅林に2万本ほどの梅の花が咲き誇ります。

2月下旬で5分咲き未満。これから3月にかけて、白や淡いピンクの梅が一面に広がりますよ。満開になると雲海のように見えるようです。

梅林には“口の千本”“西の千本”…と数か所のスポットがあります。それぞれの景色を堪能するのも良いかもしれませんね。

お子さん連れでの梅林一周は、半日がかり…(汗)梅の良い香りがする中のお散歩は気持ちが良いです。

 

賀名生(あのう)という地名は南北朝時代に付いた由緒あるもので、梅林の周辺には、賀名生皇居跡や歴史民俗資料館があります。歴史に興味があれば、覗いてみる価値はありそうです。

 

 

本駐車場は、国道168号線を十津川方面へ南下し、賀名生トンネルを出て、歴史民俗資料館を越したところ、右手にあります。

臨時駐車場の位置が分かりにくいので、ご参考程度に掲載させて頂きます。

賀名生トンネルを抜けると、左手に歴史民俗資料館が見えます。

反対車線側はこんな感じ。

臨時駐車場へは、下の道を走っていきます。上の道を行くと梅林の中に入ってしまいます。

道なりに進むと、多目的広場の案内板が見えてきますので、矢印に沿って左折します。

臨時駐車場には、2月下旬でも数台止まっていました。これから満開を迎える3月は、本駐車場と共にフル稼働しそうです。

 

 

あっという間に、見ごろが過ぎてしまう梅ですが、今の時期ならではのタイムリーな場所です。梅の香り漂う山道を、梅を見ながら歩く。ただ、それだけ‼

まだまだ明るい気持ちにはなれないご時世だからこそ、たまには、思い切って時間を贅沢に使ってみるのも良いかもしれません。清々しい気持ちにさせてもらえること間違いなしです。

 

 

//基本情報//

□名称

賀名生梅林

□所在地

五條市西吉野町北曽木

□URL

https://www.city.gojo.lg.jp/kankou/shizen/1/3770.html

single